人といる時間を楽しく!

私はもともと、とても人見知りする子どもでした!いつから人と話すことが好きになったのかわかりませんが、途中で気づいたことが1つあります。それは「人にどう思われるか」を気にしている限り、結局自分のことしか考えていないということです。そこで、それを逆手にとって、人の中に行くときは「他の人のこと」だけを考えるようにしました。「同じように壁の花になっている人はいないかな」「あの人は今、どう感じているのかな」など。すると、人の目は気にならなくなり、どんな集まりにもあまり緊張することなく参加できるようになりました。不思議なものですね~。

いろいろな集まりの多い年末です。楽しい時間になるよう、ぜひお試しください。

 

 

本物体験

バーチャルリアリティで本物そっくりの体験ができる施設がいろいろできてきて、ちょっとおもしろそうだなと思います。でも、本物を知らないうちに、そっくりの体験だけを重ねるのはどうなんだろう…とも感じます。特に小さいお子さんの場合、五感で得た感覚をたくさん蓄えておかないと、思春期になって体験の少ないものは「いらない」と脳が判断し、シナプスを剪定していくのだ…と聞いたことがあります。きれいな海の写真を見るだけではなく、実際に海に行けば潮の匂いやベトッとした風、ザラザラした砂があると知っているから、そこにいる人の気持ちも想像できるのです。本物体験に基づいた感覚は人間関係の基本でもある「想像力」を養ってくれるんだろうな〜と、本物の犬を撫でながら考えています(^^)

 

 

具体的に伝えよう

暑かった夏もそろそろ終わりに近づき、新たな学期、生活がスタートする季節になりました。子どもたちにとって1番しんどいと言われる夏休み明けですから、理想的な始まりができないこともあるかもしれませんね。不安からいらいらしたり、ダラダラしたり…。そんな時は「だらしないね」「ちゃんとしなさい」ではなく、何がどうなって欲しいかを具体的に伝えてあげると動きやすくなります。「これはあの袋にしまってね」「○○をカバンに入れよう」などなど。精神論ではなく、どうやったら初めの一歩を踏み出しやすくなるか具体的に伝えることで、動き出すサポートができるといいですね。

 

 

 

ひらめきの元は?

暑い日が続きますね。きっとお子さんたちが夏休み真っ只中…という方もいらっしゃいますね。最近は夏休み中でも学童に習い事に塾に…と忙しい子どもたちも多いと聞いています。楽しく充実して過ごすことはよいことのようですが、少し前にNHKの番組「人体」の中で脳の仕組みについて取り上げていました。それによると(途中を飛ばしますが)脳が何かをひらめくためには、実は「ボーッとすること」が重要なのでそうです。夏休み中、一人でボーッとする時間は無駄ではなく、すばらしいアイデアや作品を生み出す原動力なのかもしれません。「ゴロゴロしてないで」…と言わず、ボーッとする時間を作れるくらいのゆとりを、ぜひ大切にしたいですね!

 

 

 

もしかして思い込み?

 

我が家の犬は、車が苦手です。でも、見ていると、乗った瞬間に「もうダメです」と言わんばかりにうなだれるのです。いやいや、まだ出発してないよと言いたくなるほど。

 彼女は(メスです)「車=車酔い=絶対気分悪くなる」と思い込んでいるのかもしれません(^_^;)

 私たちの周りに「思い込み」はいっぱいあります。あの人は私を嫌っている?いえいえ、あの人は人見知りで私と話すのが苦手なだけかも。私は運動が苦手?いえいえ、ちゃんとコツを教わったら意外と楽しいかも。ウチの子はやることが遅い?いえいえ、慎重でよ~くまわりを見ているだけかも。

 どれもこれも、もしかしたらこちらの「思い込み」なのかもしれません。

何かネガティブな思いにとらわれてしまったら、まずそれは「思い込み」ではないか、考えてみるといいですね。きっとその気づきが解決の第一歩になりますよ~。

 

 

自己ベスト更新!

オリンピック、盛り上がっていますね~。銀メダルでも悔しそうな選手、入賞できたことをとても喜んでいる選手、いろいろですね。「(他の人との勝負ではなく)自分に勝った」「自己ベストを更新できた」と語っている選手も多いなあと感じました。私はスポーツのことはわかりませんが、日々小さな成長をして、毎日ちょっとだけ自分としてのベストを更新する…という感覚はいいかも!と思いました。人と比べなくても自分としてできることはやった、昨日より一歩だけ成長したと思えるなら(たまには後進するときもあるでしょうが…)、年を取るのも悪くないですね~笑

 

 

親が「手放す」とき

ある日突然子どもが学校へ行かなくなってしまったら…ご家族は(いじめなどは別として)理由もわからず苦しむということが多いのではないでしょうか。もちろん一人一人全くケースが違いますから、対応も変わってきます。けれど、笑顔が戻ってこられた親子には、ひとつだけ共通点があります。それは、親御さんが「自分の思っている子どもの人生」を手放したその瞬間にお子さんが生き生きと動き出す、ということです。それは諦めるということではなく、心底信頼するということでもあります。子どもたちは本当に素晴らしい力をもっています。

親としてそこまでの過程を見守るのは本当に大変なことだと思いますから、そんな時はぜひはるくもにいらしてくださいね。どう寄り添っていけばよいか、いっしょに考えます。とことんお付き合いしますよ~。

 

 

迷ったら楽な方で

我が家の子どもたちが大学生になり、これまでの子育てを振り返ってみるときに、私自身が母から言われた1つの言葉を思い出します。それは、まだ長男が赤ちゃんだった頃に聞いた「どうしたらいいか迷ったときは、あなたが楽な方を選びなさい」という一言です。その時は、えーっ、子どものためにいい事…ではなくて、母である私が楽な方…⁈ と「いいお母さん」になろうと張り切っていた私には、ちょっと衝撃的ともいえるアドバイスでしたが、その後様々なシーンで役に立ったのでした。きっと「あなたのため」と言われ何か我慢をしている母を見るよりも、母親自身が安心していられる平安な環境の方がよほど子どもには大事、ということかもしれません。そんなわけで私は、頑張っているママたちの重荷を少しでも軽くしてあげられたら…と思うのです(^^)

 

 

1を100にしていない?

小学校の相談室で子どもたちと話していると、友人関係の悩みの中で「あの子は○○だからいじわるだよ」などという発言が聞こえてきます。そんな時は、○○だったのは嫌だったねと気持ちを聞きつつ、だからといって相手が「いじわるな子」とは限らないことにも気づいてもらいます。1が100になって(感じられて)しまうことは大人でもよくありますよね。ましてやその1が思い込みや憶測であるときは要注意です。もう1度冷静になって問題点だけをよく考える必要があるかもしれません。自分と関わりのある相手を「ひどい人」だと決めてしまうと、その人からの発言をすべてネガティブにとらえてしまい、結局苦しむのは自分…ということになりかねません。その人が「ひどい」のではなく、その人のどの行動を嫌だと思ったのか…、上手に伝えるためにはどうすればいいのか…、それを子どもたちといっしょに考えています。

 

 

切り替えスイッチ

仕事でお会いするクライアントさんは「母親」という立場の方が少なくありません。皆さん、母であり、妻であり、社会人であり、女性であり……いろいろな自分であることを悩みながら頑張っています。特にまだまだ「母」と「社会人」を両立させることは大変です。その時期だけ「母」に徹することができる恵まれた環境ならまだしも、仕事もしないとやっていけないということだってあり得ます。私は「どっちも!」という欲が強くてフリーランスを選んできましたが、ここまできて思うのは、どんな働き方をしていても上手にスイッチを切り替えられることが一番重要、ということです。仕事をしている時はできる限り仕事に集中する、でも母である時間は100%母になる……そうしないと、いつもやっていない方のことが気になり、どちらも中途半端になってしまいます。子どもの話を聞きながら仕事のことを考える…なんていうことのないように、ときどきスイッチを点検することをおススメします!

 

 

枠をはずして

1年以上続いていた「子育て中のお母さん」向けの講座が一旦終了しました。皆さん熱心に通ってくださり、毎回とても盛り上がって楽しい会となりました!感謝です。

その中で、「役割」をはずして相手を見るという話がありました。「妻なのに」「父親なのに」「先生なのに」と思って見るから、その役割として足りない所ばかり見えてしまう…。でも、すべての枠をはずしてその人自身を見ると、いい所も発見できるし、「相手も一人の人間」とありのままの姿を受け入れられて、その人に対してイライラすることが減るかもしれません。そしてこちらの視線が優しくなると、なぜか相手の自分に対する態度も変わってくるものです。

ただでさえ暑い夏、少しでも穏やかに涼しく過ごしたいですね。

 

 

途中でやめる?!

ウチのパソコンは古くて、立ち上げるのに時間がかかります。私たちも、物事にとりかかるのになぜか時間がかかってしまうことはありませんか?面倒だなとか嫌だなと思っていることは、なおさらですよね。

先日聞いたおもしろい話では、パソコンをシャットダウンするよりスリープ状態にしておく方が早く元の状態に戻せるように、脳も「途中で」やめることでスリープ状態になるということです。キリのいい所までやろうと頑張るのではなく、途中でやめた方が記憶にも残るし、次に取りかかる時にすぐに始められるというのです。なるほど~と思いました。日本人は几帳面なので、途中でやめるのは気持ち悪いかもしれませんが、時間がきたらサクッとやめる……これは何も罪悪感を感じることではなく、脳にとっては案外良いことなのですね!

 

やる気は やり出してから?!

春になりました。凍えるような冬があっても、また柔らかな春が来るという日本の四季は、やはりいいものですね。けれど、全ての人にとって春が新しく希望にあふれたスタートというわけではないかもしれません。なかなかスイッチが入らない、新しい場所がちょっと不安、やる気が出ない……そんな時はしんどいものです。人間が「考えている」と思っているのは「顕在意識」であって、実は体を動かしているのは普段意識していない「潜在意識」ですから「考え方を変えて!」と言われても、そんなに簡単には変えられません。まずは、少しだけ気分がよくなる小さな何かを探して、それをやってみること。自分で変えられるのは、この小さな「行動」だけです。ですから、やる気が出ないときこそ、ちょっとした何かを始めてみて、そこから脳を動かすことをおすすめします。これをやったら気分がよくなるだろうなあと思うことは何ですか?それを探してみてくださいね。

 

 

 

名前に込められた愛情

先日テレビ番組で、名前の由来に関する特集をやっていました。最近の傾向は変化してきているものの、日本では名前の響きや漢字に願いを込めるということに変わりはないようです。

その中で、初めて自分の名前の由来を聞く小学生がうつっていました。その子はお母さんから、生まれた日の様子と名前に込められた願いを聞くと、目を輝かせて感動して「お父さんとお母さんがこの名前をつけてくれてよかった!」と言っていました。

その場面を見て私もジーンとしてしまいました。この子は今、本当に生まれてきてよかったと感じただろうな〜と思ったののです。なぜなら、大好きなご両親に、どんなに自分が生まれてきて嬉しかったかということを聞いたからです。

こんな風に存在そのものを肯定できる自信は、その人のあらゆる自己肯定感の土台になるでしょう。

私も子どもたちに「あなたの存在が私の喜び」だと伝え続けていきたいと思いました。

 

 

落ち葉を集めるように

我が家の前の通りはカエデ並木になっています。秋にはとても美しい紅葉を楽しめるのですが、枯葉になると毎日の掃除が大変になってきます。かき集めて、お掃除終了と思っても風が吹くと10分もしないうちに、また山のような落ち葉が……!

このむなしい状況を何度か経験して、私は「風のある日には掃除をしない」と決めました!

私たちの人生の中でも、風が吹き荒れて前が見えなくなったり、何をやっても虚しく感じる時期があるかもしれません。そんな時は「今は掃除しない」と決めて、風がおさまるのを待つ方が賢明な場合があります。じたばたしないで、必ずいつか風は止むと信じて待ち、その間にエネルギーを蓄えておく、これも自分を元気に保つために大事なことですね。

今日は穏やかな1日。落ち着いて落ち葉を集めることができました(^^)v

 

それは誰の問題?

先日電車の中でニコニコ笑っている赤ちゃんに出会い、思わずこちらも力が抜けて笑顔がうつってしまいました。脳の中にはミラー細胞というものがあります。相手が喜んでいると、それが伝わってきてこちらも嬉しくなったり、1人が気分を害していると、全体の雰囲気が暗くなったりします。よい気分が伝わってくるのはいいのですが、もし相手が不機嫌だった場合(家族の誰かがイライラしているなど)、ついついマイナスパワーに巻き込まれてしまいがちです。そんなときは「怒っているのは誰?」と自分に問いかけてみてください。ああ、これは私の問題ではないと気づいたら「何かあってイライラしているんだね」と声をかけてあげてくださいね。そうすることで自分までイライラする事態にならずにすむかもしれないですね。

 

 

その人の背景

 先日、相談員として勤務している小学校の運動会を見に行きました。児童数も多い学校なのですが、そのご家族や卒業生など多くの方でにぎわっていました。改めて、一人一人の子どもたちには育ててくださっているご家族がいらして、お母様にはお母様を育てられた方がいて……という広がりを不思議な思いで見ていました。私たちが出会うその子、その人には、あたりまえですが、それぞれ育ってきた環境、場所、愛してくれた人、関わった人などたくさんの違う背景があります。1つのものを見て反応する1つの気持ちにも、背景と理由があるのでしょう。目の前で話しているその人が怒っていたら、悲しんでいたら、寂しそうだったら、それは何か背景があってのことです。きっと何かがあるんだな。そう思うだけで、少し相手に優しくなれるかもしれないですね。

 

 

たいせつなきみ

夏休みに入って、子どもたち(プラス大人)50人ほどでキャンプに行きました。そこでやった劇は、絵本「たいせつなきみ」(マックス・ルケード作)を元にした台本。私たちは完璧に、大切につくられているから、誰が何と言おうと気にすることはないよ、というテーマでした。大人も子どもも、いろいろな状況で参加していましたが、私自身も含めて、きっと一人一人がこのテーマをプレゼントされたことが嬉しかったと思います。子どもたちをほめるとき、ただやったこと、できたことだけを見るのではなく、存在そのものを喜んでいるよ、というメッセージを伝えたいなあと改めて感じました。

 

 

新しい環境

 日本では4月から新しい環境になった方が多いと思います。いや、別に変わってないよという方もいらっしゃるでしょうか。自分がおかれている環境が変わらなくても、転校生が入ってきた、職場のメンバーが変わったという方も含めて、新しいことというのは「わからない」ので、それだけで緊張感がありますよね。それは、それまで慣れ親しんだ環境を失うということでもありますから、知らず知らずのうちに喪失感や疲れもたまっているのではないでしょうか。2カ月経とうとしている今、まずは何が変わって何が大変だったか、少し考える必要があるかもしれません。「そういえば、あれが大変だったんだ。よく頑張ったな~」と気づいてあげることで、自分を肯定し、いったんエネルギーを補給してから次へのステップに進めるといいですね。

 

 

やりたいこと、いつやる?

新しい年が始まりました。

皆さんはお正月に一年の目標を立てますか? いくつか並べて書いてみて「今年こそ!」と思う気持ちがもてると、少しワクワクしますよね。

このワクワクを普段のものにするために、毎週、あるいは毎日のTo Doリストを見直し、「やらなければならないこと」だけではなく「やりたいこと」も加えてみてはいかがでしょうか。人間の脳は「~ねばならない」ことをする時よりも「したい」ことをする時の方がドーパミンが出やすくなるそうです。いつもいつも「やらなければならないこと」を片づけてから……と思っていると、いつまでも「やりたいこと」ができなくて、知らず知らずのうちに心に不満がたまっていきます。時々、ちゃんと時間をとって「やりたいこと」をやる。これで元気になれば、「~ねばならないこと」をやるエネルギーにもなるので、案外時間の無駄は少ないはずです。お試しください。